エピローグ


「おにいちゃん、みぃつけたっ!!」
「うわあああっ!!?」

 突然耳元で叫ぶように言われて、飛び上がった。
 勢いよく飛び上がったために船体が大きく揺れ、そのまま横転した。
 バシャン、と派手な音を立てて、湖の中で尻餅を付いた。だいぶ浅いのだろう、すぐ顔が出せる程度で助かった。
「ああー! おにいちゃんのせいでみずびたしじゃん!」
「それはこっちのセリフだよ!! 耳元で大声出すなって!」
「なによー! かくれんぼしてるのにねてるおにいちゃんがわるいんだから!!」
 そう言って、妹は走り去ってしまった。
「あーあ。母さんになんて言われるか……」
 濡れて気持ち悪い服を引きずるようにして、とりあえず湖から這い出た。いくら暖かな気候だからといって、このままでは確実に風邪をひくだろう。
 立ち上がって、ふと、桟橋の先を見た。
「あ……!」
 読み返しすぎてヨレヨレになった本が、間一髪、濡れずに済んだようで、寂しそうに置かれていた。
「危ない危ない。――あれ?」
 濡れた手で触るのには少し躊躇われたが、あることに気がついてそのまま拾い上げた。
 折り目がついてしまったページに、入れたはずのない栞が挟まっていた。何かをラミネートしたもののようだ。
「なんだろ……」
 なるべくページを濡らさないよう、慎重にめくっていき、目的のページを開いた。

 そこには、豪華な剣とリンゴ、そしてカラスの綺麗な絵が描かれていた。

「…………」
 手にとって、栞の裏を見た。

『常春の楽園《アヴァロン》の小さき偉大な王へと捧ぐ  湖の乙女』

「カァー!」
 どこかでカラスの鳴き声がする。
「……帰ろっか」
 栞をそのまま、己の名と同じ王の物語のページへ挟み、本を抱えて走った。
 久しぶりに母の手作りのウェルシュケーキを食べようと思った。





END